機動隊が沖縄県民に侮蔑的発言。しかし、これは沖縄だけの問題ではない。

沖縄高江に派遣されている機動隊員が、反対派住民を侮蔑する驚くべき事態が発生した。

沖縄県民を土人呼ばわりする大阪府警の機動隊員

高江警備暴言、「シナ人」も 別の大阪府警機動隊員

このような事が許されるわけがない。責任者の首が飛んでもいいくらいの出来事だ。「土人」「シナ人」て、そもそもいつの時代の話だよ。そう言う発言をする人間の人権感覚が戦前のままかよ。

沖縄に対する差別が根強くこの社会に蔓延している

今回の事件は積もり積もった沖縄への差別感情が爆発した形だ。沖縄県民を、同じ「日本国民」としてみていない、いや同じ人間としてみたいない、という事が暴露された。まさに、沖縄への構造的差別の問題である。「シナ人」に至っては中国人に対しても失礼。

差別する側は、差別される側の痛みを感じ取る事ができないのだろうか。

香山リカ@rkayama
沖縄の知人と電話した。「土人だなんて、機動隊員、疲れてたのかなー?」と明るめに言う彼女に、「残念だけど沖縄人への差別だと思う」と答えると、「やっぱそうなんだよね……」と急に涙声になった。ゴメン。差別されてるなんて認めたくないよね。認めたら心こわれるよね。絶対許さないし絶対なくす。

そして、もうひとつ。警察でどのような教育が行われているか。あからさまな敵視感情。警察はもはや「政治的中立」を放棄した(まあ、今に始まった事ではないが)。仮に相手が刑事事件の被疑者であったとしても、相手を侮蔑してよいという事にはならない。侮蔑的感情が根底にあれば、公平に職務の執行など期待できないであろう。

先の暴言は大阪府警の機動隊員だが、福岡県警も同罪である。

sunちゃん@gabigabu03
19日に名護署の抗議集会に参加したうるま市の男性によると警察官が「抗議に来る人は善良な市民ではない。出てください」と発言したという。名護署は事実関係を調査中としている。
この日 名護署前にいたのは福岡県警。

善良な市民であるかないかを決める権限など警察にはない。「反対派が善良な市民であるわけない」という予断と偏見を持ったまま、警察官が公務を行うなど許されない事だ。次々とこうした事例が発覚するという事は、これは発言した一個人、あるいは大阪府警、福岡県警だけの問題ではない。まさに警察の体質、警察での教育の問題だ。

この事態に沖縄県知事を始め、沖縄県側が反発し、批判しているのは当然であろう。

 「土人」発言は、反対運動の市民だけでなく、県民の心を深く傷つけた。警察への信頼も大きく失墜させた。機動隊員の監督責任者は県民に対し明確に謝罪し、発言した隊員を警察法や侮辱罪などの法令に基づき厳正に処罰すべきだ。
 現場の機動隊員は全国から招集されている。隊員の差別発言は、監督者の責任も問われる。隊員に対し、沖縄の基地問題や建設に反対する民情を理解させ、公正中立の立場で職務を行わせる指導、監督をおろそかにした責任は大きい。
 フェンスを挟んで向き合う市民への「土人」の暴言は、行動を抑制するのでなく挑発そのものだ。工事を邪魔する者は排除すればいいという、安倍政権、沖縄防衛局の意思を反映したものだろう。
 建設を至上命題とする政府の意を受け、あるいは指揮の下に、警察法が規定する「公平中正」を逸脱する警察活動が行われているのは明白だ。
 沖縄差別は歴史的な問題だ。琉球処分、大戦時には沖縄を本土防衛の防波堤にし、戦後は米軍占領を許し、米軍基地を集中させた。
 政府の沖縄に対する歴史に根差した「構造的差別」の延長線上に、辺野古新基地建設、ヘリパッド建設がある。
 県知事選、名護市長選、県議選ほか幾たびの国政選挙で県民は基地反対の民意を示してきた。民意を踏みにじり基地建設を強行する国家政策そのものが「構造的差別」と言わざるを得ない。
 沖縄は日本の植民地ではない。沖縄差別、今回の「土人発言」の責任は政府の差別政策にある。沖縄に対する構造的差別を改めぬ限り、不毛な対立は終わらない。
琉球新報<社説>警察「土人」発言 「構造的差別」責任は政府に

機動隊員「土人」発言 激しい罵倒 その精神構造から見えるものは

「土人」発言、沖縄県警が謝罪 「事実」「極めて遺憾」

翁長知事「言語道断」 「土人」発言、機動隊撤収にも言及

「言語道断で到底許されない」 翁長知事、「土人」発言を強く批判

他県からの機動隊の応援は、一応形式上は、沖縄県公安委員会の要請にもとづいて行われている(しかも経費は沖縄県側負担)。
沖縄県公安委員会と沖縄県知事は、応援部隊の撤収を検討すべきである。

これは沖縄への構造的差別である。しかし、沖縄だけの問題ではない。

驚くべき事に、この大阪府警機動隊員の行動を擁護したのが松井大阪府知事である。
「発言は不適切だが、個人を徹底的にたたくのは違うのではないか。相手もむちゃくちゃ言っているのに、すべて許されるのか」。
「混乱を引き起こしているのはどちらなんですか」「反対派の皆さんもね、その反対行動、あまりにも過激なんじゃないか」。
「表現が不適切だとしても、大阪府警の警官が一生懸命命令に従い職務を遂行していたのが分かりました。出張ご苦労様」。

「土人」発言報道「やり過ぎ」 松井大阪府知事が見解

<沖縄ヘリパッド>松井知事「暴言」擁護 「売り言葉に…」

沖縄ヘリパッド「土人」発言機動隊員に「出張ご苦労様」

松井一郎認証済みアカウント@gogoichiro
ネットでの映像を見ましたが、表現が不適切だとしても、大阪府警の警官が一生懸命命令に従い職務を遂行していたのがわかりました。出張ご苦労様。

知事が、公務員である警察官のヘイト発言、侮蔑的差別的態度を擁護するなど問題外である。辛坊治郎とか言うジャーナリストまがいが松井知事を擁護しているが問題外の二乗。

一方で、米山隆一新新潟県知事が立派な(というか、これがあたりまえ)ツイートをしている。

米山 隆一 ‏@RyuichiYoneyama
どのような立場でも、どのような状況でも、人は人に対して可能な限り敬意をもって接すべきです。まだ任期は始まっていませんが、私なら、自県の職員が、他県で他県の方に敬意のない対応をした時に、謝罪し、以後改めるよう強く指導することはあっても、「出張ご苦労様」ということはありません。

しかし、問題はそれだけにとどまらない。これは沖縄だけの問題ではない。
つい先日、「警察・海上保安庁・自衛隊に敬意を表す」として、首相と国会議員がスタンディングオベーションを行った。
国策のために「命を賭して任務を遂行する者」は、敬意に値する、というわけだ。国民の中に、「特別に敬意を表すべき者」と、そうでもない者が存在するという発想自体が、法の下の平等に反する。それは、裏返せば、「国策にたてつく者は非国民」という事に他ならない。
民意より、国策が大事、というわけだ。それはどこかで、非国民や敵国の人間を敵視、差別視し、ひいては虐待しようと殺害しようと、任務(国策)を遂行する者は尊いという発想につながる。憲法の精神から見たらまるで逆転の発想が、大手を降ってまかり通る。

本当に怖い時代に突入しつつある。これは沖縄だけの問題ではない。

【関連記事】
辺野古裁判で国側べったりのトンデモ判決。普天間問題の解決は辺野古が唯一の選択肢か。
日本政府が沖縄・高江でヘリパッド工事強行。まるで現代の「琉球処分」武力弾圧。7/22が山場か。
沖縄「被害者を追悼し、沖縄から海兵隊の撤退を求める県民大会」に65,000人
頭を下げるアメリカ人に強い違和感。地獄への道は善意で舗装されている。
橋下徹のトンデモ発言。だが、風俗では性暴力は防げない。軍隊の「力による支配」こそが問題。基地の大幅縮小と地位協定の抜本改正を。
またしても元米兵によるレイプ殺人事件。何回繰り返されるのか、いつまで悲劇を沖縄に押し付けるのか。
和解からわずか3日で是正指示。普天間と辺野古はセットという発想こそが迷走の原因。新基地建設の理由がない。
辺野古新基地、国と県が和解。しかし国は「辺野古が唯一の解決策」という姿勢を崩さず。- 米軍は何度も撤退を検討。それを押しとどめてきたのは日本側。
【普天間・辺野古問題】安保村の官僚は時の総理(鳩山元首相)すら騙して、基地を押し付ける。
1997年5月15日、沖縄・伊江島の反戦地主は、基地ゲート前で餅をつきカチャーシーを踊った。
宜野湾市長選の最大の争点 辺野古移設が唯一の解決策か
安倍自民とナチスはそっくり。報ステが渾身の「緊急事態条項」特集。改正99条が現憲法9条も議会制民主主義も地方自治、基本的人権も破壊する。
おおさか維新は既得権打破の改革派 ? いえ、完全与党サイドの改憲派。自民より危険なハシズム。【2016参議院選】

にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 ← 応援クリック、よろしくお願いいたしますm(_ _)m。
このサイトはリンクフリーです。リンク・シェア、大歓迎 !! 引用する場合はリンクして下さいm(__)m。


【10/21追記】蔓延する差別と蔑視、人権無視は構造的。
以前の記事で引用したリテラの記事をもう一度引用しておきたい。この文中の「軍隊」を「警察(あるいは松井知事、日本政府)」に、「女性」を「沖縄県民、あるいは反対派住民」と読み替えていただくと、今回の事件の背景がよくわかる。

 そして、軍事主義のジェンダー分析の第一人者であるシンシア・エンローが指摘する「軍事化された男性性」が、米軍内部でいかに形成されているかを、こう綴る。
〈軍にとって最も難しいのは、人に人を殺せと教え込むことであり、それを教え込むには、他人が自分より「劣る」生き物だという考え方を吹き込んで、周囲の人間は人間ではないと思わせることだという研究結果がある。(中略)軍の訓練と軍の日常生活の文化によって助長される、周囲の人間など人間ではないという観念の中心となるのが女性蔑視──女性は男性より劣るという考え方だ。軍の組織ぐるみの売買春は、女性など人間ではないと思わせる重要な装置であり、その考え方を不滅のものにするのが、軍事化された男性性だ〉
リテラ 沖縄米軍属の事件にも冷淡な態度の安倍首相…一方で米大学准教授がレイプ事件は基地があれば必然的に起きると指摘

国策遂行を任務とする警察官・自衛隊員は尊い存在だ。それに較べて沖縄県民や基地に反対する住民(ひいては現政権に批判的な人々)は、自分より「劣る」生き物だ。そうした感覚が警察内で助長され、一般社会でもネトウヨなどによってまき散らされる。そうした感覚抜きに警察官・自衛隊員は任務を遂行する事ができない。そうした感覚が警察や自衛隊の「中立性」を蝕む(そんなもの最初からないというご指摘もあろうが)。
自分の住む場所から地理的に遠い沖縄、そこにも人々の歴史があり文化があり、暮らしや人生がある事には思い及ばない。同様に、自分から見て思想的に遠い場所にいる「反対派住民」などの権利など考慮する必要などない。そうした「不寛容」な空気が蔓延する。それはファシズムの温床だ。


にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 ← 応援クリック、よろしくお願いいたしますm(_ _)m。
このサイトはリンクフリーです。リンク・シェア、大歓迎 !! 引用する場合はリンクして下さいm(__)m。


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中