タグ: 希望の党

小池百合子はこんな政治家。新党「希望の党」は反自民の旗手か。

希望の党立ち上げ
 9月25日、小池百合子東京都知事は、都内で会見し、新党「希望の党」の立ち上げを発表した。同党の代表に就任するが、都知事としての職務は継続する意向を示した。写真は都庁で撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

小池百合子氏の新党「希望の党」の話題がメディアジャックしている。解散の大義も、もりかけ疑惑も、北朝鮮も吹き飛ばす勢いだ。小池百合子氏の政治理念はどこにあるのか。「希望の党」は野党なのか。反自民の旗手なのか。

小池百合子氏はAI独裁体質。

小池百合子氏の行動パターンは独断専行、独断体質だ。

新党立ち上げ
「(これまでの経過を)リセットいたしまして、私自身が立ち上げる」
国政政党「希望の党」 小池都知事自ら代表

都民ファースト代表交代
小池氏から野田氏への交代は二人で、荒木氏への交代は3人で決めた。この交代劇には、所属都議からも異論が出た。
「都民ファ」また突然の代表交代 所属都議「青天の霹靂」「メールが一本届いたのみ」
都民ファーストまた代表交代

豊洲移転
「人工知能というのは、つまり政策決定者である私が決めたということ」
小池知事の「人工知能、つまり私」発言にネット困惑
小池都知事の「AI(人工知能)」発言のブラックさとは?

問題なのは、これらの独断専行を小池氏自身が、「例外的なやむを得ない措置」とは考えておらず、新党立ち上げを自分の手でと会見した時などには、むしろそれが「強いリーダーの当然の判断」と言わんばかりだった。彼女の頭の中には、民主的手続きと言う概念はないらしい。

小池百合子氏の政治理念。

今回の新党立ち上げで、リベラル色を打ち出して印象操作をしているが、もともとの小池氏の政治理念はどこにあるのか。このブログでも「これでも小池百合子を支持しますか ?。」などで触れて来たが、改めて確認しておきたい。まずは、それほど昔の話ではない2014年の衆議院選 小池百合子候補のアンケート回答。
・憲法9条の改正に賛成
・集団的自衛権の行使に賛成
・「アベノミクス」を評価
・原発は日本に必要
・靖国神社に首相が参拝すること 問題ない
・「村山談話」「河野談話」ヘイトスピーチ規制 いずれも無回答
・特定秘密保護法 必要
・カジノの解禁に賛成 などなど
第47回衆院選 東京10区 小池百合子

画像 ↓ をクリックすると拡大して読めます。
小池氏アンケート

原発問題・核問題
原発ゼロが今回の新党の目玉政策のようだが、これはかなり選挙目当てのリップサービスで、小池氏の本心とはかなり異なる。上記「2014年衆議院選アンケート」でも原発は必要と答えている他、東京電力福島第1原発事故直後に、「稼働中の原発は安全性を総点検した上で運転を続けていいと思います」と発言していた(これが小池百合子氏の発言)。都知事になってからも、東京都は東電の株主なので東電のものを言える立場にありながら何の行動も起こしていない(小池新党「希望の党」が掲げる「原発ゼロ」が20000%大嘘である3つの理由)。

9月28日の記者会見で小池氏は「原発ゼロ」についてかなり微妙なニュアンスで説明した。「2030年までに原発ゼロにするためには行程をどうすればいいか、検討する」という発言だった。はっきりと「原発ゼロにする」という発言ではなかった。この歯切れの悪さは民進=連合の支援欲しさの、しがらみ忖度か。

また、小池氏は核武装論者でもある。
今は削除されてしまったが(都知事選の際その発言を指摘され「捏造」だと開き直ったが捏造ではない)、自身の公式サイトに「日本有事3つのシナリオ」というタイトルの対談記事を乗せていた。その中ではっきりと、「軍事上、外交上の判断において、核武装の選択肢は十分ありうる」と発言している。そのページが削除されているので「魚拓」を掲載しておく。2003年の衆議院選アンケートでは核武装を「国際情勢によっては検討すべきだ」と回答している(安倍政権の閣僚ら「核武装検討」 8人連なる)。都知事選で「非核都市宣言はしたしません。明確にそれを申し上げます」 と発言したのは記憶に新しい。

核武装容認発言

憲法問題・民主主義・在日外国人の権利
小池氏は憲法改正論者でもある。

本日、サンフランシスコ講和条約発効日である4月28日を主権回復記念日として祝日とする議員立法を総務会で承認し、衆議院に提出いたしました。祝日が多すぎるというなら、借り物の憲法記念日5月3日を祝日から外します。

「憲法改正しなければならないし、改正すれば現在の憲法記念日を廃止できる」
https://twitter.com/Bulldog_noh8/status/758091730675609600/video/1

小池知事は、これまで歴代知事が慣例的に行って来た、今年9月1日の「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式」に都知事名で追悼文を送ることを見送った。「小池知事は同日の記者会見で虐殺事件についての認識を問われ、「全ての方々への哀悼の意を述べさせていただくという気持ちには変わりない」とした上で、「(虐殺の事実は)歴史家がひもとくものではないかと思っている」と述べた。」(関東大震災 朝鮮人犠牲者を追悼 小池都知事を批判 東京)
小池氏は過去にも、朝鮮人学校無償化に反対している。(それだけでなく組合の強い高校にも難癖を付けている)

『朝鮮学校の無償化、首相「法案成立後に判断」』(朝日) それはないでしょ!! 絶対反対! 反日教育を進めている北教組の傘下にある北海道の高校も同類。

庶民の生活
小池氏は、公助より自助努力・自己責任というバリバリの新自由主義の(元)自民党政治家でもある。自身の公式サイト コムネット46号 「自助、共助、公助…順序と比率が重要」ではこう述べていた(このページも現在削除されている)。「自民党の進める政策は、「自ら努力する人を、国が応援する」ことが基本です。子育ても、一義的には家庭でなされるべきものと考えます。自助の精神です」

繰り返される新党立ち上げ、政界再編の離合集散と劇場型政治。

1976年の新自由クラブ以降だろうか、ここ数十年、いくつもの政党ができては消えていった。「日本新党(1992年結成)」以降は特に激しい。その都度、それを何か新しい改革のうねりかのようにメディアは伝えてきた。小池氏自身、日本新党⇒新進党⇒自由党⇒保守党⇒保守クラブ⇒自由民主党と渡り歩き現在都民ファーストの会、希望の党。

2001年4月の自民党総裁選で小泉純一郎氏は「自民党をぶっ潰す」と発言した。自分が所属する政党を自分でぶっつぶすという意味不明な野党的改革派的印象操作のレトリックだった(正確には一応、自民党が「小泉改革に反対するようならば」という付きだったが)。マスメディアが共犯者となって小泉旋風が起こった。橋下維新の大ブームもメディアが作った現象と言っていいだろう。

もう同じ事を何度繰り返すのか。小泉劇場も橋下維新もそうだった。また騙されるの ? こんどは小池劇場に騙されるのか。「選挙戦を前に既成勢力を「敵」に見立てて、自らを改革勢力に位置付けるのは東京都議選でも繰り返された小池氏お得意の手法だ」(小池新党結成 衝撃 選挙の構図、激変)

フランス人記者から見た「新党が次々誕生するのは「新発売好き」だから」という指摘が的を得ているかもしれない(フランス人記者が見た「解散」。安倍首相はコンビニの経営者みたい ←このインタビューは新党問題以外のテーマでも外国人ならではの視点が面白い)。

いろいろときれいごとを言っても結局は「どの風に乗れば当選できるか」が最優先されているとしか思えない。民主党結成時に社会党(社民党)の半分は浮き足立って合流した。こんどは民進党議員が浮き足立って希望に合流しようとしている(現時点で情報が錯綜していて詳細は不明だが合流 ? 吸収 ? そのものは確実なようだ)。結果、対決軸がどんどん右へズレてきた。

新党「希望の党」は、立憲野党の旗手か。

新党「希望の党」結成時に発表された綱領はあまりに抽象的すぎる(希望の党綱領全文)。

一応綱領には「我が党は、立憲主義と民主主義に立脚し」と書かれているが、はたしてそうだろうか。ここに書いて来た小池氏のこれまでの行動や発言を見ているとそれは単なる選挙目当てのカモフラージュに過ぎない。また、中心メンバーに、自民離党組や極右政党こころの議員が参加している事でも明白だろう。「寛容な改革保守政党目指す」という発言にも留意しておきたい。このブログでは何度も書いて来たが、ファシストほど、自らを「改革派」として印象づける。

小池氏は、民進党吸収にあたって、「安全保障と憲法への姿勢重視」と述べた(希望への参加条件、安全保障と憲法への姿勢重視 小池氏)。要するに参加を希望する民進党議員に対して「安保法制賛成」「憲法改正賛成」の踏み絵を踏ませるわけだ。憲法改正については、何でもいいから憲法を改正したいという安倍総理の姿勢を批判してみせたが、「9条改正も改憲論議のポイントの一つとしつつ、「地方分権なども十分に盛り込まれていない」と述べ、9条に限らない議論が必要との考えを示した」。つまり、9条改正もやるし、それ以外の緊急事態条項なども含む憲法改正を目指している。小池氏は「憲法問題は、自民党で議論されている流れでよろしいかと思う」と述べた事もある(<明日を託せるのは誰> (10)憲法)明白な改憲派である。

日本は、自民と希望の保守二大政党制・翼賛政治になって、野党は共産・民進だけになるのであろうか。自民・希望・公明・維新の改憲勢力が2/3を占めるのであろうか。それだけは阻止しなければならない。選挙の争点・対決軸は「自民 VS 希望」ではない。

トップの画像はニューズウィーク「小池都知事、新党「希望の党」代表に 衆院選へ全国規模で候補者擁立」からお借りしました。


にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 ← 応援クリック、よろしくお願いいたしますm(_ _)m。
このサイトはリンクフリーです。リンク・シェア、大歓迎 !! 引用する場合はリンクして下さいm(__)m。


広告