タグ: 統一戦線

明文改憲狙うネオナチ安倍自民党

日本武道館で、2015年11月10日、憲法改正を目指す勢力の大規模集会が開かれた。その名も「今こそ憲法改正を! 1万人大会」。(主催:美しい日本の憲法をつくる国民の会)

主催者発表で1万1千人となっているが、ほとんどは動員だ。
しかし、本当に侮ってはいけない。
あと57議員で3分の2以上。
31都府県の地方議会で「憲法改正の早期実現を求める」決議がなされており、加えて12月中にも3道県で決議される。
http://tanakaryusaku.jp/2015/11/00012380

こちらも 
http://www.sankei.com/politics/news/151110/plt1511100049-n1.html
http://www.sankei.com/premium/news/151110/prm1511100014-n1.html
http://www.asahi.com/articles/DA3S12060662.html
http://lite-ra.com/2015/11/post-1668.html

11月10日の国会閉会中審査でも、憲法の明文改正を明言。
http://mainichi.jp/shimen/news/20151110dde001020059000c.html
民主党の岡田克也代表は衆参両院の3分の2以上を自民党が獲得した場合、憲法9条の改正を目指すかどうかを質問。首相は「国民の命、平和な暮らしを守る上で9条改正が必要だと(自民党の憲法改正)草案をまとめた。考えに変わりはない」と述べた。

憲法改正を巡って安倍総理大臣は、大災害など緊急の際に総理の権限を強化する「緊急事態条項」の追加は「極めて重く、大切な課題」だと強調した。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000062292.html

ついに野心むき出しに! 『偽装愛国集団』日本会議と安倍政権がいよいよ憲法破壊に向けて宣戦布告!
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/274700

憲法の解釈改憲で安保法制を「成立」させた安倍自民党が
いよいよ次は、明文改憲を狙っている。
しかもその中身は9条の改正だけでなく、
緊急時に総理の権限を強化する緊急事態条項も含んでいる。
いよいよ独裁ファシズムの仕上げに取りかかろうとしている。

緊急事態条項とは何か。

緊急事態宣言を用いて国民の権利を著しく制限、政府の統制下に置くことで、戦争邁進の道具立てにするという“現在の戒厳令”の復活である。

安倍首相が「改憲は緊急事態条項から」と明言! 自民党が目論むのはナチスと同じ手口、その危険すぎる中身とは…
http://lite-ra.com/2015/11/post-1674.html

これに勝つ、明文改憲をやめさせるには「野党は共闘」しかない !!
来年の参議院選で自民・公明に勝つためには野党がバラバラではダメだ。

「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現をよびかけます
2015年9月19日 日本共産党中央委員会幹部会委員長 志位和夫
http://www.jcp.or.jp/web_policy/2015/09/20150919-yobikake.html

 来るべき国政選挙――衆議院選挙と参議院選挙で、戦争法廃止を掲げる勢力が多数を占め、連合政府を実現するためには、野党間の選挙協力が不可欠です。

私たちは、これまで、国政選挙で野党間の選挙協力を行うためには、選挙協力の意思とともに、国政上の基本問題での一致が必要となるという態度をとってきました。同時に、昨年の総選挙の沖縄1~4区の小選挙区選挙で行った、「米軍新基地建設反対」を掲げての選挙協力のように、〝国民的な大義〟が明瞭な場合には、政策的違いがあってもそれを横に置いて、柔軟に対応するということを実行してきました。

いま私たちが直面している、戦争法を廃止し、日本の政治に立憲主義と民主主義をとりもどすという課題は、文字通りの〝国民的な大義〟をもった課題です。

日本共産党は、「戦争法廃止の国民連合政府」をつくるという〝国民的な大義〟で一致するすべての野党が、来るべき国政選挙で選挙協力を行うことを心から呼びかけるとともに、その実現のために誠実に力をつくす決意です。

この間の戦争法案に反対する新しい国民運動の歴史的高揚は、戦後70年を経て、日本国憲法の理念、民主主義の理念が、日本国民の中に深く定着し、豊かに成熟しつつあることを示しています。国民一人一人が、主権者としての力を行使して、希望ある日本の未来を開こうではありませんか。

すべての政党・団体・個人が、思想・信条の違い、政治的立場の違いを乗り越えて力をあわせ、安倍自公政権を退場させ、立憲主義・民主主義・平和主義を貫く新しい政治をつくろうではありませんか。

共産・志位氏「連合政府実現なら日米安保廃棄を凍結」
http://www.asahi.com/articles/ASHBH5D20HBHUTFK00J.html

 志位氏は会見で「私たちは国民連合政府という政権構想が、現時点で安倍政権に代わる唯一の現実的で合理的な政権構想だと確信している」と話した。さらに「戦争法廃止、立憲主義の回復という国民的大義での大同団結ができれば、相違点は横に置き、一致点で合意形成を図る」と語った。

 その上で、党綱領で掲げた日米安保条約の「廃棄」を求める方針は維持するとしつつ、「国民連合政府の対応としては凍結する。現行の条約の枠内で対応し、政権として廃棄を目指す措置はとらない」と説明した。党綱領では、自衛隊についても「解消」としているが、日本への武力攻撃などを念頭に「(国民連合政府で)戦争法を廃止しても、自衛隊法は残る。急迫不正の主権侵害が起これば、自衛隊を活用するのは当然のことだ」と語った。

共産党が提唱する「国民連合政府」の現実味
http://toyokeizai.net/articles/-/86196

名前は「立憲主義連合」でも何でもいい。野党は共闘 !!
菅直人 参院一人区で「立憲主義連合」統一候補を擁立しよう
http://blogos.com/article/143750/

参議院選挙で勝利するためには、まず大阪W選での勝利を。
森永卓郎の「経済“千夜一夜”物語」 「独裁」の意味を取り違えていた
http://news.livedoor.com/article/detail/10817396/

☆安倍 独裁政権を止める為に、11/22(日)投票の大阪W選挙は大変重要な選挙です。写真は、座間宮ガレイさんの「激おこ!参院勉強会」での、橋下維新候補に2敗した場合に想定される最悪のシナリオです。

大阪府・市長ダブル選で橋下大阪維新が負ければ安倍ファシズム政治を終わらせられる
http://nonukes.exblog.jp/22484294/


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ← 応援クリック、よろしくお願いいたしますm(_ _)m。


広告